設立趣旨

 赤坂氷川神社の祭礼「氷川祭」は、神社の宮神輿を氏子町赤坂21ヶ町の山車13台が警固の形をとって神領内を巡行しました。その情景は神社拝殿に納められている大絵馬(明治44年奉納・港区文化財指定)に見ることができます。「天下祭」または「御用祭」とは一般的に山王日枝神社・神田神社の祭礼を指しますが、赤坂氷川神社についてもそう呼ばれていいものでした。

 山王・神田両社とともに、氷川の山車も「江戸型山車」と呼んでいました。これは将軍の上覧に供するために江戸城の門を入るときの工夫であり、城門をくぐるとき、人形をからくりで下げ、城門をくぐったあとで人形をせり出す山車のことです。

 山車は江戸から東京の著名な神社の多くの祭礼に用いられましたが、今では「山車の多くは東京から主として関東地方一円に流出していった。その最大の理由は「天下祭」「御用祭」の廃絶である。・・・さらに関東大震災・大東亜戦争の災禍を経たため、流出を免れた山車の多くが失われ、現在では都内で山車の完全な姿を残しているのは、千住氷川神社の『静御前』だけとなった」(千代田区教育委員会発行『江戸型山車のゆくえ』)と述べていますが、都内からほとんど姿を消していったという山車が、赤坂氷川神社には完全な形ではありませんが、9台も現存しています。

 現在、各氏子町会(現在、24町会)のご尽力のもと、うち数台は完全な形ではないにしろ、展示されることもありますが、長柄・土台・車輪の部分が損壊し、また人形座、櫓梁等も充分には原型をとどめていないものも少なくありません。また、修復維持には膨大な資金及び動員力が必要となり、現在の町会単位の組織ではかなりの負担となり、このまま放置しておくと、近い将来に廃棄処分せざるを得ないものも出てくる可能性は否定できません。この全国的にも貴重な江戸型山車「赤坂氷川山車」を修復し、そして確固たる保存体制を構築し、神社例大祭「氷川祭」をはじめ、各地域のまつりやイベント等への展示及び巡行を繰り替えすことで、日本全国にこの貴重な文化遺産の存在を認知してもらい、併せて地域の子どもたちにも江戸の文化を体験してもらえるような企画を立て、「赤坂氷川山車」を後世に伝承することにより、まちづくりの推進及び学術・文化の振興に寄与するものと考えます。

 以上の活動を行うにあたって、先に述べたとおり現在の組織のままでは、費用負担等限界があることから、営利を目的としない特定非営利活動法人を設立しようと考えたところです。設立認証が得られた後は、積極的な情報公開に努め、法人運営の透明性を高め、市民から信頼される法人として、行政とも連携しながら公益増進活動に取り組んで参る所存です。

平成18年9月15日   理事長 石渡 光一

 

1.名称 特定非営利活動法人 赤坂氷川山車保存会
2.所在地 東京都港区赤坂6-10-12 赤坂氷川神社内 〒107-0052
3.代表者 理事長 石渡 光一(いしわたり こういち)
4.設立目的 赤坂氷川神社に残る全国的にも貴重な江戸型山車「赤坂氷川山車」を修復し、そして確固たる保存体制を構築し、神社例大祭「氷川祭」をはじめ、各地域のまつりやイベント等への展示及び巡行を繰り返すことで、日本全国にこの貴重な文化遺産の存在を認知してもらい、併せて地域の子どもたちにも江戸の文化を体験してもらえるような企画を立て、「赤坂氷川山車」を後世に伝承することにより、まちづくりの推進及び学術・文化の振興に寄与することを目的とします。
5.事業の種類
  1. 赤坂氷川山車に関する調査修復事業
  2. 赤坂氷川山車の保存体制の組織固め及び保存施設の建設事業
  3. 赤坂氷川山車の展示及び巡行に関する管理運営事業
  4. 赤坂氷川山車の普及啓発事業
  5. 地域の子どもたちに対する江戸文化の体験事業
  6. 各山車関連団体からの情報収集及びそれらへの情報提供事業
  7. 赤坂氷川山車に関連する物品販売事業
  8. その他目的を達成するために必要な事業
6.設立年月日 平成18年9月15日

 

各種資料

 この他の資料は下記よりご覧ください。