活動報告

平成28年度

11月26日赤坂氷川山車 清掃活動(そして、焼き芋)
11月10日赤坂氷川祭 鉢洗い
9月18日神幸祭
9月17日新調宮神輿・猿巡行
9月16日宵宮巡行
9月15日、16日赤坂氷川山車展示 at SWING赤坂2016
9月10日、11日赤坂氷川山車人形展示 at 赤坂氷川神社「社宝展」
9月5日、6日山車巡行勉強会
8月23日赤坂氷川山車保存会 設立10周年記念式典 開催
8月22日「デリシャカス」に赤坂氷川山車のブースを出展
7月30日赤坂氷川山車 清掃活動
6月22日早稲田大学建築学科の学生 赤坂氷川山車をご見学
5月27日NPO法人赤坂氷川山車保存会 第10回 通常総会開催

11月26日

赤坂氷川山車 清掃活動(そして、焼き芋)

 今年も赤坂氷川神社の青年会「ともえ会」を中心に、氷川山車の清掃と、境内落ち葉清掃、そして落ち葉焚きをしながら焼いもを作りました。氷川山車も綺麗になり、新年を迎えることができます。焼いものおイモは種子島産の安納芋。子どもたちも寒空の中、焼き立てを頬張っていました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

11月10日

赤坂氷川祭 鉢洗い

赤坂氷川祭 鉢洗い 今年度赤坂氷川祭の鉢洗いを開催いたしました。鉢洗いとは所謂「打ち上げ」のことです。神様へのお供え物に使用した鉢を祭礼終了後に洗い清めることになぞらえて、祭礼に至るまでに起こる様々な困難を水に流し、互いに清々しい気持ちで祭礼を終えるという意味が込められています。当日は祭礼関係者が一堂に会し互いに労をねぎらいました。

9月18日

神幸祭

 前日、台車に載せてお披露目巡行をした宮神輿を赤坂氷川神社の氏子中が実際に担ぐ渡御の日です。神社隊列を先頭に、山車「猿」「日本武尊」の江戸型山車が先導し、宮神輿が続きました。江戸時代、赤坂氷川祭では神社の宮神輿を各町会の山車が警固する形をとって巡行していました。この日、約100年ぶりにかつての巡行を再現することができました。




9月17日

新調宮神輿・猿巡行

 戦時中に焼失し、このほど赤坂氷川神社によって新調された宮神輿と、申年に併せて当会で昨年修復・復興製作した「猿」山車のお披露目巡行を行いました。このほか、熊襲退治の女装をした「日本武尊」山車、明治の歌舞伎の人気俳優九代目市川團十郎が豪華な装束をまとって舞っている「猩々」山車が連合巡行を行いました。巡行には、神社隊列をはじめ頭衆の「木遣り」、赤坂芸妓衆、更には、俳優松平健氏が扮した将軍吉宗公や、吉宗出生の地和歌山から「和歌祭」、また早稲田大学建築学科の学生の皆様による赤坂氷川山車をテーマにした隊列も附け祭りとして加わるなど、近年では最大規模の隊列となり、スタッフ3000名、参加・見学者3万人の人出で大いに賑わいました。











9月16日

宵宮巡行

 夜の赤坂を、町会神輿2基と「猩々」山車1本が連合巡行いたしました。都心のオフィスビルを背景に、街明かりにライトアップされた江戸絵巻が壮麗に浮かびました。巡行順路には、同時開催のSWING赤坂による露店が軒を連ね、威勢の良いお神輿の掛け声とともに夜の街が賑わいました。




9月15日、16日

赤坂氷川山車展示 at SWING赤坂2016

赤坂氷川山車展示 at SWING赤坂2016 赤坂の地元商店街等主催の「Swing赤坂2016」にて二日間にわたり赤坂駅付近に「猩々」「日本武尊」を展示させていただきました。当日は赤坂茜囃子によるお囃子の演奏や、赤坂芸妓の皆様とのフォトセッションなども行い、赤坂氷川山車に彩りを添えていただきました。

9月10日、11日

赤坂氷川山車人形展示 at 赤坂氷川神社「社宝展」

 赤坂氷川神社で開催された社宝展にて、赤坂氷川山車の人形9体を展示させていただきました。江戸・明治・大正などの古くから伝わる人形を良い状態で9体も保持している地域は珍しく、山車関係者・愛好家をはじめ地域内外から多くの見学者が訪れました。

赤坂氷川山車人形展示 at 赤坂氷川神社「社宝展」

9月5日、6日

山車巡行勉強会

山車巡行勉強会 今年度の山車巡行に携わっていただくスタッフを対象に、赤坂氷川神社の青年会「ともえ会」の祭礼担当者を講師に招き、「安全で美しい」巡行を目的とした勉強会を開催いたしました。壮麗で立派な山車ですが、その大きさと構造ゆえに、操作が簡単ではありません。安全第一に皆様に楽しんでいただける巡行になるよう、スタッフ一丸となって取り組んでまいります。

8月23日

赤坂氷川山車保存会 設立10周年記念式典 開催

 本年は、当会が設立して10年の節目の年となりました。この10年間で、山車人形9体すべての修復が完了し、山車本体は5種類4本を復興製作いたしました。また設立の翌年から毎年行っている赤坂氷川祭での巡行も年々規模を拡大し、今やスタッフ3000人、参加・見学者2万人を超える祭礼へと成長を遂げました。これも皆様の温かいご支援の賜と心より御礼申し上げます。
 この感謝の気持ちをお伝えするため、またこれまでの10年の歩みと今後の取り組みについてを皆様と共有するため、ささやかながら記念式典を開催いたしました。保存会会員の皆様、赤坂氷川神社の氏子町会の皆様、地元商店街・企業の皆様、更には行政・警察・消防の皆様にご参集いただき、和やかに執り行われました。

赤坂氷川山車保存会 設立10周年記念式典 開催赤坂氷川山車保存会 設立10周年記念式典 開催

8月22日

「デリシャカス」に赤坂氷川山車のブースを出展

「デリシャカス」に赤坂氷川山車のブースを出展 赤坂氷川祭や赤坂地域の活動でも大変お世話になっているTBS様主催の夏のイベント「デリシャカス」にて、赤坂氷川山車のブースを出展させていただきました。祭礼のパンフレットや山車人形のパネル等を展示させていただき、ご来場者の方と交流を図ることができました。TBS様、ありがとうございました!

7月30日

赤坂氷川山車 清掃活動

 毎年恒例の、祭礼巡行前の清掃活動です。赤坂氷川神社の青年会「ともえ会」の皆さまを中心に、3台の山車を清掃していただきました。
 その後、今年度の祭礼巡行に向けてのミーティングが行われました。ともえ会の皆さま、猛暑の中、いつもありがとうございます!

6月22日

早稲田大学建築学科の学生 赤坂氷川山車をご見学

早稲田大学建築学科の学生 赤坂氷川山車をご見学 10年ほど前から赤坂地域と交流のあった早稲田大学建築学科の学生の皆様が、赤坂氷川山車を見学にいらっしゃいました。まちづくりを切り口にした都市設計の演習の一環で、今年は赤坂氷川山車をテーマに取り上げていただきました。このご縁をきっかけに、今年度の祭礼にもご参加していただくことになりました!

5月27日

NPO法人赤坂氷川山車保存会 第10回 通常総会開催

NPO法人赤坂氷川山車保存会 第10回 通常総会開催 当会の平成28年度通常総会が予定通り開催されました。会員の皆様に多数ご参集いただき、平成27年度事業報告・決算報告、平成28年度の事業計画・収支予算、また役員の選出を議事の通り進行しました。今年度も保存事業・巡行事業をはじめ、各事業に尽力してまいる所存でございます。皆様のご理解・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。